合同会社設立

ホーム  »  会社のこと  »  合同会社設立

合同会社設立について

●合同会社とはどんな会社なのか? 
会社法(2006年5月施行)によって創設された会社形態で、
日本版LLC(Limited Liability Company)とも呼ばれています。
 
未だ知名度は高いとは言えませんが、有名なところでは
西友
ユニバーサルミュージック
日本アムウェイ
Apple Japan
などが合同会社の形態をとっています。
 
●株式会社とどこが違うのか? 
    株式会社以上に定款自治が認められている
⇒全ての意思決定は社員全員の一致が原則
    責任経営(所有と経営の一致)
    利益の配分を自由に決められる
    株主総会、決算公告をする必要がない
    登録免許税が最低6万円で設立できる(㈱は最低15万円かかる)
    設立時の公証人の認証が不要(認証手数料は5万円)
    役員の任期が法定されず、役員変更登記の必要がない
    社員(株主)間の信頼関係が厚く、社員自身に経営の能力と意欲がある
 
●どのようなビジネスに向いているのか? 
最初に大きな資本を必要としないビジネス
⇒コンサルティング、IT関連、デザイナー、職人
⇒個人のノウハウ・専門知識やアイデアが会社の財産や経営資源となる
⇒人ありきのビジネスといえる
 
●合同会社のメリット 
    法人格がある⇒信用につながる
    有限責任である
    自由な機関設計と運営ができる
 
●合同会社設立の流れ (設立登記完了まで最短10日間)
1.基本事項の決定
2.定款の作成
3.出資金の払い込み
4.登記申請(会社設立日)
5.登記完了
登記事項証明書、印鑑カード、印鑑証明書の取得
6.各種届出
税務署
都税事務所
市町村役場
社会保険事務所
労働基準監督署
公共職業安定所など
 
●設立に際して準備していただくもの
①印鑑証明書  代表社員のみ 各1通
②会社代表者印(1㎠以上3㎠以内のもの)
③銀行口座(代表社員の個人口座)
既存のものでも構いません
●登記申請費用はどのくらいかかるか (資本金8586000円未満の場合)
 
 
ご自分で登記申請する場合
司法書士にご依頼する場合
登録免許税
60000円
60000円
印紙税
40000円(定款貼付)
0円(電子定款)
定款作成料
0円
19800円
謄本取得
(2通取得の場合)
1200円
 
1200円
 
司法書士報酬
0円
49000円
合計
101200円
130000円
差額(お客様ご負担分)
△28800円(税別)
*司法書士報酬には、登記申請に必要な書類(定款を除く)の作成代理業務も含まれます。
*開業にかかるご質問・ご相談も、もちろん上記の金額に含まれております。
*この他に、印鑑証明書取得費用がかかります。
(当方にご依頼の場合は別途日当がかかります)
 
 
●開業準備に専念されるためにも、 
煩雑なお手続きは登記のスペシャリスト司法書士にお任せ下さい。 

 
業務エリア:
東京都23区
江東区・江戸川区・千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区

東京都市部 八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・国立市・福生市・狛江市・東大和市・清瀬市・東久留米市・武蔵村山市・多摩市・稲城市・羽村市・あきる野市・西東京市

千葉県
市川市・浦安市・船橋市・松戸市・鎌ヶ谷市・習志野市・千葉市・八千代市・市原市・他各市町村

神奈川県
横浜市・川崎市・他各市町村

その他近隣市町村


*不動産の所在地:日本全国対応可
 
ページの先頭へ